高林堂からのお知らせ

新たなこだわり「ゆうだい21」

2014/10/05(日)

「ゆうだい21」
宇都宮大学農学部附属農場で開発した
国立大学法人初の水稲品種「ゆうだい21」(平成22年品種登録)。
一般財団法人・日本穀物検定協会から味や粘り、香りもコシヒカリより
やや上回るとの高評価を得ており、白米は2キロ1,000円(平成25年産販売価格)で
販売している品種です。

林堂では、「ゆうだい21」を自家製粉し、団子や草餅、柏餅などに使用しています。

[宇都宮大学附属農場]

戻る

- Powered by PHP工房 -